五月なのに30ごと越え!?

いまだに五月なのにやはりあつい!誠に今や30たびを超えてしまったお日様もある。暑い、暑すぎる。wたしは暑いのがいやに嫌悪だ。たえず気持ち良い環境に身を置いていたい。こんな僕に頂点ちょうどいいのが年々五月!であったはずだった。なのにこういう暑さ。耐えられない。こんなにも前もってエアコンをつけては光熱費が目茶目茶にならない。なんてことだ。暑い広間では作業する考えも勉強する考えも起きず、ただ自堕落にグダグダ生活してしまう物質。さすがにこのままでは酷いです。至急暑さが引いてほしい。とおみきや誠にもうす梅雨なのです!もう一度やる気をなくしてしまうあのじめじめとした毎日がやってくるのか…グングンがっかりしてしまう。どんなにかん。こういう恰好だと梅雨があけたらあけたで「7月収だ!暑すぎる!」とか言ってしまいみたい。なにはともあれこういう以上に暑い五月を潜り抜け、頑張って生きていかないと。それに夏は何だかんだ好きな時季だ。先々にニーズをもって過ごしていこう。顎ニキビは予防が大切です

次男の成否に断念

中学校の次男は正誤が多くて困っています。
野菜や魚、煮物は嫌いで卵や肉や麺類は好きです。
昼間は給食なので嫌いな一品も食べているようですが夜は夕食のメニューを聞いて不快なら食べないと言います。
なら、更に食べる物は乏しいよと言いますが皆が夕食が終わり何か薄い?と言います。
あたいはこの間なら次男が食べられる物を更に作ってやっていましたが次男の為にならないので、それをやめる実例にしました。家族皆でおんなじものを食べると言う事が良識だから一人だけ違うと言う事は面白いと言う事を次男に分からせる為にも激しくしなくては、と考え始めました。わずか遅かったかなと思いましたが今からでも、やれば出来ると自分に言い聞かせていました。
嫌いな物を食べるた言う事はくれぐれも無駄にはなりませんから大人になり絶対に役に立つと思います。
次男にも食べる事は大切だと言う事を分かってほしくて酷いようですが今からは厳しくしていこうと思います。養育は辛くて思うようになりません。足脱毛で安いサロンはミュゼでした

400円のサンドウィッチは高いのか

近所に町の駅というのができたので家族で行ってきました。そこは地元で採れた野菜やおみやげ物、地域の名産品など、観光客から一般の人までお買い物や食事を楽しめる施設でした。

この地域に住んでいるのに、珍しいものや知らない食材なんかもあってとてもおもしろいところだと感じました。

地元のパンやさんのパンのコーナーに、天然酵母で作ったというパンが販売されていました。おいしそうだな~と思ってそこのコーナーにいると、観光客のおばあちゃんに話しかけられました。

「サンドウィッチが400円かぁ。高いわねぇ。」「そうですね~」その場しのぎの会話をしたのですが、その会話を聞いていた私の夫が家に帰ったとき「あのサンドウィッチって高いかな?」と聞いてきました。

私としてはスーパーと比べると高いかもしれないと感じましたが、手作りパンだしそんなものかな?でも高いかも。と思いました。夫は妥当だと思ったようです。どうでもいいことな

Macro of folded receit paper. Shallow DOF. Blue tone.

のにすごくこの話題で盛り上がってしまいました。

家計のことを考えている女性目線と男性は違うのかなぁとちょっと思いました。